ホーム>ゑの木ブログ>2016年2月
2016年2月

2016年2月

賞 1998年 武蔵野調理師学校 で 受賞

 

ゑの木 金賞 受賞 
ゑの木 金賞 賞状

 

1998年 

学校法人後藤学園 武蔵野調理師専門学校 

料理コンクール 西洋料理部門 金賞受賞 

 

 15歳から飲食業でバイトしていたので、

同級生より料理の腕としては自信を持っていたのですが、

やはり「井の中の蛙」なだけで、

自分より実力が上な優等生や飲食業サラブレッド達を見て、

思っている技術が出来ない自分を隠すつもりか自信喪失してしまい、

ロクに授業も受けずに遊びに逃げだす時期もあった。

授業もサボっていたので単位もギリギリになってしまっていたが、

学校生活後半になりこのままでは何の為に専門学校へ通ったのか分からなく感じてはいたが、

今さらエリートには敵わないと諦めていた。

そんな時期に卒業前の文化祭で6人一組のグループに分かれてのコンクールがあると担任が発表した。

良く遊んでいた悪ガキの友人達と組んで、

当初は「面倒くさいな~、かったるいな~」的なネガティブ発言が出ていたのも事実だったが、

「このまま終わってもこの学生生活なさけなくね~か~」等という友人の発言によって、

何の結果も出せずに卒業するのは嫌だと奮起し、

劣等感を持つ自分たちの戦い方を見出し、やるからに頂点目指そうと、

メンバーが一丸となって本気で頑張った。

失敗や想定外の事なども沢山あったが、

何日間もかけて出来上がった時には審査前であったが、

かけがえのない達成感に満ち溢れていた。

しかしやはり自分達程度では賞などあるはずないないと皆思っていたので、

評価なくてもやりきった事に満足だと言い聞かせていた。

そして審査結果発表の文化祭会場へ向かった。

そこには「金賞」と書いてあった。その上に「最高金賞」があったので一位でなく二位であったが、

悔しさはなく本気で歓喜の涙が溢れ出した。

学校サボってロクでもないことばっかりやったりもしてきたが、

自分たちの様な者でも根性だして一丸となって戦い抜け更には評価も貰えたことは、

どんな人でも諦めずに努力する事ができるんだと感じる機会であった。

(旧姓での受賞であったので、現姓に修正)

テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】 パート1

テレ朝 J 足立区 うどん あだち菜 六町 東京 地産地消 ゑの木 えのき テレビ朝日
テレ朝 J 足立区 うどん あだち菜 六町 東京 地産地消 ゑの木 えのき テレビ朝日
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」で摩訶不思議うどんとして紹介頂きました。

 

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • 緑提灯