ホーム>ゑの木ブログ>著名人>鈴木選手&仁科氏
鈴木選手&仁科氏
著名人

鈴木選手&仁科氏

サッカー 浦和レッズ 鈴木啓太 ゑの木 支援 東日本大震災
サッカー 浦和レッズ 鈴木啓太 ゑの木 支援 東日本大震災
サッカー 浦和レッズ 鈴木啓太 ゑの木 支援 東日本大震災
サッカー 浦和レッズ 仁科ひとみ ゑの木 支援 東日本大震災

    

 

東日本大震災の後、2011年3月29日にA代表とJリーグ選抜によるチャリティーマッチが開催された。

私の友人が働く六本木のクラブで、

「観戦イベントをやるので来て」との言葉に誘われ、

友人たちと参加。お酒を飲みながらカズさんの有志に胸が熱くなっていた。

そして、カズGOALに感動しながら試合終了の熱気やまぬ中、

浦和レッズで大活躍していた鈴木啓太選手がステージに登場に

会場のボルテージは最高潮。

そして彼は

「東日本大震災の被災者へ向けて、改めて黙祷させて下さい」

と言い

「黙祷」。

その後、彼は

「本当はあのピッチに立ちたかったです」

「でもまだまだだという事なので、もっともっと練習します」

拍手や声援。

「今日はピッチに立てなかった分、東日本大震災被災者へ向けて

ここで自分のユニフォームをチャリティーオークションしたいと思います」

サプライズイベントで会場は超盛り上がり、

オークションが始まった。

1万円、1万5千円、2万、3万、3万5千・・・・・・・・・。

あっという間に価格は上がり、

「△△△円。」と叫び、

落札したのは私だった。

普段は財布にお金入っていない私が

ちょうど、この日は震災復興募金をしようと現金を持っていたので、

落札できたのだ。

そこで彼は

「この金額と同額、自分も出して、これを赤十字社に寄付します。」

「落札した貴方は壇上に来て下さい。」

私が上がり、マイクを渡されたので、

ドラえもん募金しようと現金を持っていた事、

一緒にいた友人の身内が被災した事、

自分の師匠も被災して学校体育館で避難生活している事など話した。

そして啓太選手がユニフォームにサインして下さり、

握手と写真を撮って彼は降壇した。

サインを頂いたユニフォームを広げ皆へ見せると、

会場は歓声が広がった。

そしていつかこのユニフォームを持って

被災地へ支援しに行きたいと考えている事を話し、

この場にいる全ての方へ、このユニフォームへコメントでもサインでも

寄せ書きでも書いて欲しいとお願いし、見ず知らずではあったが心一つになった

人たちの気持ちを一枚のユニフォームにまとめた。

その中にはちょうどACのCMで話題だった仁科ひとみさんもいらっしゃり、

コメントや写真も快く引き受けてくれた。

鈴木啓太選手は気さくで、男前だった。

仁科ひとみさんは、とてもチャーミングでいい匂いした。

 

結果的には偽善なのかどうかは分からない。

そして自分自身裕福で兼ね余っていた訳でもなく、

震災後の営業は最悪な状態で、毎日酒を大量に飲まないと眠れない日々が続いていた。

でも、命は残った、家族も残った、店も家も無事に使える。

そんな状況で大きなことは出来ないので、小さい出来ることを探したら、

ちょうどここにあった。六町という街で商売をしている物が六本木で少し、

世の中の事を考えてみた。

未だに正解は分からないが、

自分なりの答えは出してみた。

だからこそ、今を全力で頑張り、

自分に正直に、自分の未知なる力と運を信じ

一生懸命やり抜き、満足出来るように行き抜き、

いつか死ぬときは笑顔で最期を迎えられる人生を送りたいと

本気で生き抜いて行く事を心に刻める

機会であった。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enokinoyakata.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/53

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • 緑提灯