ホーム>ゑの木ブログ>2016年4月
2016年4月

2016年4月

NHK 【Tokyo eye 2016】 

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/tokyoeye2020/episode_20160413.html

 

六町 通販 ゑの木 つくば エクスプレス TX 公園 あだち菜うどん 乾麺 干しうどん 英語 日本 足立 足立区 東京 東京都区産食材

世界150の国と地域で放送して頂きました。

英語番組でしたので緊張しましたが、

上部のURLで見て下さい。

20分過ぎに登場します。

料理教室 あだち菜うどんSP

2016年3月30日  料理教室

足立区の児童遊戯学習を目的とした施設西新井にあるギャラクシティさんから、
料理教室の依頼を頂いたので、ギャラクシティバージョンのレシピを作成した
「あだち菜うどん」親子料理教室を行ってきました。

「受講者が全然いなかったらいやだな~」と考えていましたが、
応募から1週間も経たずに、キャンセル待ち応募も終了になっていて
くれたので、ホッと胸を撫で下ろし、当日の内容調整になりました。

何度か自分達でも作ってみて、「これは子供には
難しいかな?」「これはちょっと大変だけど挑戦してもらおう」等と
細かな調整を繰り返し、荷物や味のチェックをし、
当日の会場へ到着しました。

1時間前につく予定が少し渋滞で10分遅れでの教室入り。
材料や道具を各自用に振り分け、最終チェックをしていると、続々と子供たちやお母さん方が集結。

開始時間の11時には全員、エプロンやバンダナなどを準備万端。

司会者から紹介され、私とTomさんが自己紹介した流れのまま、
デモンストレーションも兼ねた、調理手本と講義のスタート。
六町産の小松菜、足立谷中産のネギ、あだち菜うどんの説明をし、
切ったり、捏ねたり、煮たりしてなんとか完成。


そしていざ親子での調理スタート。お母さん方の手際の良さが
ビックリとともに小学校低学年の子達が中心であるのに、包丁使いが凄く上手い子や皆で協調しながら一生懸命作っている姿は
自分の幼少期と比べてはいけないが、全く持って不出来な自分とは違い、みんなとても優秀でビックリしました。


通常この様な話の場合は、この辺で大きなトラブルがあったりするのだが、今回はなんの大問題もなく、

順調に料理が完成し、実食では、みんな美味しいと喜んでくれて、少し多めに用意した量であったかなとも
思っていたが、みごと完食。

鳥団子を作る上では、挽肉でなく、肉の状態を包丁で切り、
ミンチにしていく工程を入れたが、ちゃんと両手を使い
器用に細かくする小学3年生の男の子には一番びっくりしました。
当店で実際に提供している「あだち菜うどん」を食べてくれた親子さんも
いてくれた事はとても嬉しく、安心できました。

皆で協力し、洗い物までしっかりと頑張ってくれている姿には感無量でした。

お子様たちへ教える程人間出来ていないですが、
皆が喜んでくれたし、自分自身色んな事を学んだり、可能性や未来を見せて
頂いた気がしてとても良い機会になりました。

今回の料理教室を振り返って、怪我や火傷もなく無事に
終えられた事は何よりでしたが、前日にTomさんとギャグを入れて
子供の心をつかもうと言っていた事は全然できなかったので、
この話にオチが付かなかった事が最大に失敗でした。
次回がある場合はもっと話に緩急をつけて、微笑ましい笑顔だけでなく、
笑いも取り入れたいと誓いながらの晩酌は
心地よい一杯でした。

ゑの木 あだち菜うどん 学会 HP あだちの里 ひまわり ひまわり苑 小松菜 あだち菜 小松菜パン パン 福祉施設 障がい者 施設

 

小松菜パン

ゑの木 あだち菜うどん 学会 HP あだちの里 ひまわり ひまわり苑 小松菜 あだち菜 小松菜パン パン 福祉施設 障がい者 施設
ゑの木 あだち菜うどん 学会 HP あだちの里 ひまわり ひまわり苑 小松菜 あだち菜 小松菜パン パン 福祉施設 障がい者 施設

 あだち菜うどんを一緒に造っている「あだちの里 ひまわり苑」がイトーヨーカドーさんで

手作りパンの販売を見学してきました。

300個くらいあるパンが30分で完売。凄い人気で、あっという間になくなりビックリしました。

小松菜を練り込んだ「アンパン」は中もキレイな緑色でとても自然な小松菜の香と彩りを堪能出来て

美味しかったです。次回は他のパンも食べてみます。

 

 

日本でトルコ?

ゑの木 東京料理 地産地消 TV テレビ NHK モデル タレント あだち菜うどん しゃも 東京軍鶏
足立食本 足立区雑誌 ぴあ ゑの木 えのき 六町 TX 加平 東京料理

 3月初旬に中東旅行ではなく、都内で名物店長がいる人気の店へ行ってきました。

ゑの木オープニングメンバーであるチーちゃん夫婦が誕生日一か月違いなので、

二人のお祝いに。

料理も美味しいし、ベリーダンス、水たばこ、ラクダ、地べたで食べる料理はある意味斬新で楽しかったです。

現地に行くのとは違うけど、下町で味わう異国情緒も楽しいですね~。

 

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • LINE
  • 緑提灯
  •