ホーム>ゑの木ブログ>奮闘記&放浪記>奮闘記 アメリカ編 エピソード5
奮闘記 アメリカ編 エピソード5
奮闘記&放浪記

奮闘記 アメリカ編 エピソード5

アメリカ,旅行,小説,ブログ,航空券,日本,JAL,ANA,海外,外国,Tokyo,とうきょう,オリンピック,テロ,スターウォーズ,ディズニー,ラスベガス,

人生は前を向き続けるつもりでいるが、今でも反省している事件があった。

 

 

 

マンハッタンの店に来てからまとめてサマーバケーション(夏休み)をもらえるという事で、先輩と友人たちでラスベガスに旅行に行く事にした。

 

私は、皆は2泊3日でしたが、私は休みを丸々ベガスで過ごすべく2日多い5泊にした。

JFK空港から飛び立つ為に、登場手続きを済ませ、搭乗口で珈琲をすすりながら、一人旅も何度かはしているが、語学には未だ自身が全くないし、

アメリカでの国内航空旅行はじめてで大丈夫かな~っと、一抹の不安を感じている時、場内アナウンスから、私の名前が呼ばれた。

日本でも、他国でも、搭乗口でアナウンスされた事がなかったので「え?何?なに?」と言いたいが、一人なので、心の中で言い、搭乗ゲートの案内職員のところへ向かった。

グランドホステスさんに、航空券を見せると、色んな事を言っている。

電子辞書(当時はスマホなどない時代なので、常備必需品)とジェスチャーで話を聞くとどうやら、

エコノミーで予約している私の席が、手違いでブッキングしてしまい、無くなってしまった。そのままエコノミーが良いなら、次の便になるしかない。

「は~、ふざけんな!」と言葉には出さず、頭の中で止め、話の続きに耳を傾けた、

アメリカ,旅行,小説,ブログ,航空券,日本,JAL,ANA,海外,外国,Tokyo,とうきょう,オリンピック,テロ,スターウォーズ,ディズニー,

そこで提案されたのが、航空会社のミスで席が確保できなくなってしまったので、

代わりの席を用意するので、そっちに行ってくれれば、今回のフライトで大丈夫という事でした。

皆が来るのは2日後なので、到着しても予定ないので、次の便にしても大差なかったかもしれないが、補助席程度のでも用意してくれるというなら

人生経験の一つとして、簡易シートに座ってみるのも悪くないと考え、「ま~仕方ないか~」と提案を受け入れた。

 

搭乗案内され、新しいチケットをCAに見せると、こっちじゃない、あっちですよと、カーテンの先を案内された。そこは、補助席でもなんでもなく、

 

私の様な庶民は、乗ったことのないビジネスクラスの席が用意されていた。(この機は国内線でファーストクラス無し)

座ったら、スグにフライト前のウエルカムシャンパンが出て来るし、機内食もオードブルから一品ずつ出てくるし、映画なども最高  ^^) _旦~~、

「至れり尽くせり~」

残念な機内を覚悟していた分、すご~~~~くセレブな気分で快適な旅を体験できました。(人生初で、まだ2回目がない、エコノミー以外の素敵な機内席)

アメリカ,旅行,小説,ブログ,航空券,日本,JAL,ANA,海外,外国,Tokyo,とうきょう,オリンピック,テロ,スターウォーズ,ディズニー,

 

良い意味で想定外の、フライトで幸先良いなとラスベガスの町に着き、安ホステルの部屋を選び、

早速ラッキーが続いてくれると安易に、カジノホテルのブラックジャック卓に。

アメリカ,旅行,小説,ブログ,航空券,日本,JAL,ANA,海外,外国,Tokyo,とうきょう,オリンピック,テロ,スターウォーズ,ディズニー,

一瞬増えたりもしたが、見る見るうちに持ち金を失い、大敗。

やむなく、カジノ場を後にし、無料で楽しめるショーやホテルのイベント巡りと、安飯を喰らい、貧乏一人旅を満喫し、就寝。翌日の昼間も同様な感じでした。

 

仕事はずっと続けていたが、貯金もない24歳は、なけなしの金を全額持参で、ベガスで増やせばいいなどと楽観的な旅に出ていた。

そして翌日には皆と合流する、でも手持ちが300ドル程度しか残っていない、ちょっとずつ一攫千金をと考えて、ちょこちょこカジノで勝負していると、

残金が50ドルのみになってしまった。

 

預金もなし、給料日まではまだ2週間以上ある、皆が来ても金がない、皆が来るまでも半日以上ある、

「ど~しよ~×2」と、アワワしている時に、ふと思いついたのは、いっそのこと、勝負してみよう。駄目なら今日は水道水だけで過ごし、

明日は明日考えようと覚悟決め、全財産でも、たったの50ドル、しかし今はされど50ドル、

これで最後の勝負‼と、

一点全額勝負に出たら、なんとか勝つことができて、どうにか10倍以上になってくれたので、後を考えていない私は

また安易にビールとステーキという散財を楽しみに行く事ができました。

 

飛行機で使い果たしていたラッキーを、なんとか食いつないで、皆と合流してからは楽しい旅を満喫できて、ホッと胸を撫でおろしました。

 

私と先輩の男チームは、ベネチアをモチーフにしたホテルに泊まり、The Venetian

アメリカ,旅行,小説,ブログ,航空券,日本,JAL,ANA,海外,外国,Tokyo,とうきょう,オリンピック,テロ,スターウォーズ,ディズニー,ラスベガス,

 

女子チームはミラージュホテルという、フロントで火山が爆発するデモンストレーションを楽しめるホテルです。

アメリカ,旅行,小説,ブログ,航空券,日本,JAL,ANA,海外,外国,Tokyo,とうきょう,オリンピック,テロ,スターウォーズ,ディズニー,ラスベガス,

どちらも先輩のカジノ来店マイルみたいなポイントがたまっていたので、全員高級ホテルなのに宿泊費が無料。(先輩、本当にありがとうございます。

 

そんなホテルや皆との大騒ぎなどで無事残りの日程を過す事ができた。

あの時、50ドル無くしていたらと思うと、その場では笑い話でしかなかったけど、

今考えると、「良く挑戦したな~」と恐怖すら感じる出来事でした。

 

そして旅行も終え、普段の生活になり、日々の仕事終わりに、

近所の友達宅で、ベロベロになって帰る生活を週2~3で続けていた。

 

そんなある日、

いつもの様に、ヘベレケになるまで酔っぱらって帰宅、酔い過ぎてしまったので、

シャワーも入らずそのまま就寝。

 

私の住む場所は、NYクイーンズタウンのアストリアに立地し、日本人オーナーが主有するシェアルームで、

借り手も日本人の男女が5人で住んでいた。以前はアメリカ人オーナー所有の部屋をシェアで住んでいたが、

仕事の関係で家賃払う時間とかが、遅くなってしまうし、こっちの方が安かったので、4か月前に引っ越ししていた。

時間の関係と日本人との交流を減らそうとしている私は、ほとんどあいさつ程度しか、同居人たちと交流していなかった。

 

そして事件は突然起きてしまった。

 

シャワーも入らずに、寝るほど酔っていたので、夜中にトイレに行きたくなった。

急いでいたので、自分の部屋を出ながら、ズボンをおろし気味にトイレへ向かい、

用をたそうとチャックをおろしながら、トイレの扉を開けた瞬間、

「ぎゃ~~~~~~~~~~~~~」と大声を叫ばれた。

「え?」泥酔状態だし、用を足したくてたまらない、そんな状況で「ぎゃ~~~~~~~~~~~~~」と大声を叫ばれた。

何が起きた?女子トイレ?いやこの家は男女兼用トイレだし、「え?」「なんで?」と冷静になれない酔っ払いは、

数秒だったか、数分だったか分からないが、「八ツ」と気が付いた。

ここはトイレでなく、私の前室に住む女性の部屋だった。酔っ払いが本気で間違えた。

すぐに「ごめんなさい」と謝り、トイレに駆け込んだ。そして部屋の前でもう一度謝ったが返答はないので、

まだ酒の残る私は瞬時に爆睡した。そこから何分か何時間かは分からないが、

大家が来て「何があった?」と事情聴取で全てそのままに話したが、

もう前室の人は襲われると思ってしまい、すぐに出ていけという事で、

その日のうちに引っ越しをしなくてはならなくなってしまいました。

 

自業自得から招いた猛省必須の事件、冷静に考えると本当に申し訳ない事をしたし、

とんでもない誤解を招くやっちまった状況であった。

 

それからしばらくは禁酒をした事はいうまでもありません。

若気のいたりとはいえ、この件は胸に刻み、2度とこのような事ない様に誓っています。

 

飛行機がアップグレードされ浮かれ、

カジノの大負けし沈み、

一発逆転でどうにか復活し浮かれ、

馬鹿みたいに大騒ぎし浮かれ、

大酒を飲みヘベレケになるまで浮かれ、

他人に大迷惑をかけ沈む。

 

犯罪はする気ないが、紆余曲折の人生は、やはり好きであるので、犯罪ではなく、

波乱万丈をこれからも続けていくのであろうが、お酒は飲んでも飲まれ過ぎない様に

気を付けた酔い方へ、これを機に変えました。

(トイレ事件はもうしません。その節ご迷惑をかけた方々、本当に申し訳ありませんでした)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enokinoyakata.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/118

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • LINE
  • 緑提灯
  •