ホーム>ゑの木ブログ
ゑの木ブログ

ゑの木ブログ

雑誌 「るるぶ」

うどん,あだち菜うどん,るるぶ,東京,23区,足立区,みやぞん,石ちゃん,吉高由里子,坂口健太郎,日テレ,火曜サプライズ,

るるぶ「東京の農林水産業 23区 特別編集」で紹介頂きました。

ゑの木れすとらんの「あだち菜うどん」のみならず、「あだち菜うどん乾麺」の事まで紹介頂きました。

 

足立区公式アプリ

 

あだち菜,六町,東京ガス,キッシュ,ガランティーヌ,東京,うどん,パスタ,ゑ,えのき,エノキ,軍鶏,しゃも,足立区,アダチさん,

あだち菜うどん&パスタの足立区公式アプリで紹介して頂ける様になりました。

 

 

料理教室 「あだち菜フルコース」 in 東京ガス 

東京ガスさんの竹ノ塚キッチンランドで料理教室を行いました。

 

詳細は【あだち菜うどん学会HP】にて紹介しています。

 

あだち菜,六町,東京ガス,キッシュ,ガランティーヌ,東京,うどん,パスタ,ゑ,えのき,エノキ,軍鶏,しゃも

 

 

日本テレビ「火曜サプライズ」

1月17日日本テレビさんの「火曜サプライズ」にて

紹介頂けました。

・A5秋川牛「王様のローストビーフ」

・あだち菜パスタ「青梅豚のペペロンチーノ」

・東京しゃも「究極の親子丼」

 

石塚英彦さん、山瀬まみさんの新企画です。「東京タラレバ娘」の番宣で来店、

吉高由里子さんの「アメージング」が可愛すぎと、坂口健太郎さんの「猫舌奮闘」が楽しく

ベテラン2人の超面白いトークに、ツボ入り過ぎとっても楽しかったです(笑)。

スタジオでも「究極の親子丼」を用意させて頂き、ウエンツさんやDAIGOさん、シシドカフカさん達にも召し上がって喜んで頂き、

とてもいい経験になりました。

 

初めて入る日本テレビ本社は想像以上に大きいビルで、トイレなどの移動で迷子になりそうになりました(笑)。

 

吉高さんと坂口さんで貼ってくれたポスターはしばらく店内にそのまま展示しています。

火曜サプライズ,親子丼,吉高,吉高由里子,坂口健太郎,石ちゃん,石塚英彦,山瀬まみ,六町,日テレ,ローストビーフ,
 

 

新聞 2016 東京新聞

あだち菜パスタ,六町,東京,パスタ,イタリアン,フレンチ,ヌイユ,北千住,小松菜,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,エノキ,東京料理

2016年東京新聞さんが、パスタの話題を記事にして下さいました。

TBS【あさチャン】

10月4日、TBSで夏目三久さんがMC務める【あさチャン】で紹介して頂きました。

当店が元祖の店として大注目浴びている「あだち菜うどん」。

これが足立区の「ふるさと納税」に当る「あだち虹色寄付制度」に

導入されたという話題です。

足立区は地方のふるさと納税制度が始まってから3億円を超える税収減に悩まされていて、

その打開策の一つでの導入例を紹介してくださりました。

TBS,あさチャン,夏目三久,ふるさと納税,足立区,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,東京,美味しい,うどん,地産地消
TBS,あさチャン,夏目三久,ふるさと納税,足立区,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,東京,美味しい,うどん,地産地消
TBS,あさチャン,夏目三久,ふるさと納税,足立区,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,東京,美味しい,うどん,地産地消

 

TBS,あさチャン,夏目三久,ふるさと納税,足立区,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,東京,美味しい,うどん,地産地消
TBS,あさチャン,夏目三久,ふるさと納税,足立区,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,東京,美味しい,うどん,地産地消
TBS,あさチャン,夏目三久,ふるさと納税,足立区,あだち菜うどん,ゑの木,えのき,東京,美味しい,うどん,地産地消

 

MXテレビ【東京クラッソ!NEO】

秋川牛 ローストビーフ 究極 美味 うまい まいうー 東京 都 あだち菜うどん うどん 饂飩 ウドン 生麺 乾麺 うまい 美味しい 美味 勉強 本気 情熱 セミナー 

10月9日 関根勤さんMCの新番組で

ホンジャマカ石塚さん、内山君、石井さんが食レポして

「まいう~」「うま山っクス」「お、イシイ」を頂けました。

https://www.youtube.com/watch?v=-VrRbQEQ98E

動画はコチラ

 

石塚英彦,内山信二,石井てる美,まいうー,うま山,秋川牛,六町,東京,関根勤,磁石,美味しい,絶品グルメ,ご当地,足立区,地産地消

和牛を食べつくしていそうな石塚さんでも幻と云われる秋川牛は初対面でした。

とても喜んで下さり、「まいう~」をカメラ回っていない時でも言って下さりました。

 

新聞 2016 読売新聞

「あだち菜うどん」の活動を読売新聞さんが紹介して下さりました。

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20160928-OYTNT50061.html?from=ycont_top_photo

修学旅行であだち菜 製麺所編

修学旅行の見学受け入れ

 

 

「食文化」を修学旅行の研修題材にしながら、今回の修学旅行の道中の貴重な時間を、足立区の「あだち菜うどん」に費やして頂いた。

生徒の貴重な時間に応えるべく、弊社も見学だけではなく「体験」を取り入れることと、身近な「実感」としての内容を構築するべく一同でアイデアを出し合った。 限られた少ない時間の中で、生徒に帰郷後も記憶に残る工場見学をさせてあげたい。「楽しみと不安」この混在で東長良中学校の生徒を受け入れた。

 

足立総合スポーツセンター裏に、大きな1台の観光バスが止まり、中から生徒が出てくる。

 

ゑの木 あだち菜うどん 学会 HP あだちの里 ひまわり ひまわり苑 小松菜 あだち菜 小松菜パン パン 福祉施設 障がい者 施設
スカイツリー,東京,観光,ゑの木,えのき,エノキ,六町,あだち,足立区,中学生,女子高生

 

 

弊社一同も、心よりの歓迎と共に、貴重な時間を預かる責任感が流れる。 バス停の待ち人も、近隣の方々も、何事かと想像を膨らましているようだ。

そう、ここは観光地でも無い、足立区の町工場なのだ。国会議事堂から浅草を巡る間に、「足立区」の「あだち菜うどん」を見て頂いたことは、区においても「あだち菜うどん学会」においても大きな1歩と感じる。修学旅行の見学先では、今回が都内最北端を更新したのではないか?

生徒皆様には、食品工場で必須の「白衣」「帽子」「マスク」をして頂き、「手指の消毒」「エアシャワー」を体験。入室前のホコリ落しの為の「エアシャワー」も生徒にとっては、アトラクションに近かったようだ。 強風が出るエアシャワー室内から奇声が聞こえる。

 

 

 

スカイツリー,東京,観光,ゑの木,えのき,エノキ,六町,あだち,足立区,中学生,女子高生,享屋,うどん,あだち菜うどん,権威、名物
スカイツリー,東京,観光,ゑの木,えのき,エノキ,六町,あだち,足立区,中学生,女子高生,享屋,うどん,あだち菜うどん,権威、名物

 

 

見学ルートが確立された大工場とは違い、実の工場内に入るがために経験できたことであろう。

 

小麦粉と水から徐々に麺に変化していく様を、解説と共に見学。 最後は、性質の違う小麦粉で練ったお団子を全員に触って頂き、材質の違いによる「食感」の違いを「触感」で体験してもらった。日々食すであろう小麦粉について、「体験」を通して少しでも楽しく記憶に残ってくれたら幸いだ。

一連の製麺工程を見学しながら、食品工場の体験、麺の食感変化を触感で体験をしてもらいあだち菜うどんの完成に至る経緯を織り交ぜながら歩きました。

 

スカイツリー,東京,観光,ゑの木,えのき,エノキ,六町,あだち,足立区,中学生,女子高生,享屋,うどん,あだち菜うどん,権威、名物
スカイツリー,東京,観光,ゑの木,えのき,エノキ,六町,あだち,足立区,中学生,女子高生,享屋,うどん,あだち菜うどん,権威、名物

 

 

身近だからこそ発見できないモノ、身近なのに知らないモノ。岐阜から来た生徒たちの近隣にも必ずあるはず。町の特産や技術、歴史の再発見をすることで、更に「地元」が好きになるはず。もっと良くしたくなるはず。農・商・工・福祉・行政全てが連携し今に至る「あだち菜うどん」の開発話は、「地元再発見」を具現化した、「食文化」を学ぶ生徒たちに伝えるには最適な題材だったと説明した自らも強く思う次第でした。 岐阜から離れた外から見る地元。今回の「あだち菜うどん」での工場見学で、岐阜の地元を思い返し、「地元再発見」のきっかけになれば幸いです。

 

早朝から移動の連続の疲れと楽しみ疲れがあるはずながら、元気に質問や行動してくれた素晴らしい生徒達が育った岐阜。向いいれた私も是非伺ってみたいと思わせられました。

町の特産は物だけではないですね。会った人が、その人の育った町に行きたくなるのも、何よりもの特産です。

 

株式会社享屋

松山卓司

http://www.kyoya-ramen.co.jp/

あだち菜うどん おみやげ乾麺

あだち菜うどんの贈答用「おみやげ乾麺」が通販でも開始しました。

うどん,翡翠,麺,あだち菜うどん,足立区,名物,東京,地産地消,六町,おみやげ,観光,土産,人気,売れ筋,1位,優勝,お墨付き
うどん,翡翠,麺,あだち菜うどん,足立区,名物,東京,地産地消,六町,おみやげ,観光,土産,人気,売れ筋,1位,優勝,お墨付き

東京23区唯一の乾麺製麺所で創り上げました。

 

他地域よりも鉄分や亜鉛などのミネラル成分が3割程度多い傾向の「足立区産 小松菜」を愛情込めて「あだち菜」と呼び、

それを練り込んだ業務用の生麺は当店が発祥で、大人気の一品。

その生麺提供開始から3年が経ち、やっと念願の「おみやげ乾麺」が完成しました。

2016年4月から正式販売開始していますが、この度要望の多かったセットでのお届けができる様になりました。

 

この「あだち菜うどん おみやげ乾麺」ができるまでは色んな苦労がありましたが、

障がい者福祉施設の「あだちの里 西伊興ひまわり園」であだち菜を濃縮させた(あだち菜パウダー)を創り、

 

あだちの里 西伊興ひまわり園ので製造工程

 

産直の新鮮な状態で加工した(あだち菜ピューレ)を、合わせ、

92℃の熱湯で練り込む 伝統の湯捏ね製法で仕込み、

通常の4倍時間をかけて、長期熟成乾燥で仕上げた麺になりました。

生麺とのは別の楽しみができる味わいになりました。

ゑの木内で1袋から絶賛販売中。

うどん,翡翠,麺,あだち菜うどん,足立区,名物,東京,地産地消,六町,おみやげ,観光,土産,人気,売れ筋,1位,優勝,お墨付き,UDON

着色料無添加で100gの麺に対して生換算で50g以上のあだち菜を練り込みに成功。

平打ちの幅広麺は夏場も冬場にも最適です。

薬味には小松菜を添えると、より美味しさを楽しめます。

 

あだち菜うどん おみやげ乾麺贈答用ページは コチラ  

あだち菜うどん ゑの木での案内はコチラ

あだち菜うどん NPO法人あだち菜うどん学会 公式HPはコチラ

 

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • 緑提灯