ホーム>ゑの木ブログ
ゑの木ブログ

ゑの木ブログ

賞 2010年 地産地消で受賞

ゑの木 地産地消 賞状
地産地消 ゑの木 1回目 受賞

 

2010年

第1回 都内産農林水産物を使用した料理コンクール

東京都主催  優秀賞受賞

飲料メーカーを退社し、「ゑの木」を開業する準備と個人コンサルタントをしている頃に新聞を読んでいたら、

新たな料理コンクールを東京都が開催するとの記事に目を止めた。そこには東京の地産地消を推奨すべく、

東京の特産食材を活用したコンクール出場者の募集であった。

率直な感想は「東京にそんな素材ってあんのかな~」

「東京って都会だから土や水もあんま良くないんじゃないか~」

等といったもので「自分はやらないな~」だった。

しかし翌日から東京食材への興味が増していった。

海外では移住、旅行、バックパックし、

日本でも出張、旅行などで色んな郷土の人、料理、風土と

触れ合える機会を持てた。

そこでフッと頭を過ったのは

「東京って日本を代表する都市の一つなのに、東京ならではの地産地消郷土料理ってもう無くなってきているな~」って事だった。

そして書物やインターネットなどで東京や江戸の事を調べていくと、

自分の知らなかった様々な文化や食材が見えてきた時に「これだ~!」と叫び、

一筋の光に触れた。それまでは翌年開こうと準備していた店で提供しようと考えていたのは、

出会った全国各地の生産者から独自ルートで集めたものを使って流行を先取る、

所謂「流行りの店」を計画していたが、その日を境に180度考え方を変え、

「こんなにも東京に素晴らしい素材が多いんだから、

東京ならではの地産地消でオンリーワンに成れる店を目指そう」と決意した。そして賞にこだわりはなかったが、

東京の地産地消という事をテーマにしたら、コンクールに出たいという気持ちが強くなり、

色んな素材や生産者と触れ合いながら、試作と失敗を何日も繰り返し、納得いく物ができたので、

舞台に立った。大会の会場がIHという事もあり多少のミスをしてしまったが

どうにか2位である「優秀賞」を受賞できた。

その料理を更なる進化させたものが【ゑの木名物〝大江戸こまつ鍋”】であった。

東京産の「軍鶏、玉子、小松菜、味噌、醤油」等の味と生産者の気持ちを包み込む鍋で、

寒い時期はもちろん、暑い時に食べても美味しくできたと自負していますので、機会あれば是非ご賞味下さい。

賞 2001年 コンテスト in NY

ゑの木 うなぎ 麺
East ジャパレス

 

2001年

East Boy Inc.主催  

 (アメリカ東海岸を中心とするEast レストラングループ)

準優勝 アペタイザーコンテスト

 

渡米し数ヶ月後に麺を使った料理の社内コンテストが行われることになった。

新商品開発も目的の一つであったが、

恐らくシェフのモチベーションアップを図る為でもあったのか、

高級ブランド品などの豪華賞品があった。

東海岸を中心に全米で展開している会社であったが、

NY近郊の店舗から立候補者達が集った。

グループ内はレストラン、寿司屋、回転寿司、居酒屋、焼肉屋、

ラーメン屋、ファストフード、カラオケ、ピアノバー等の

シェフ達が色んな料理を持ち寄った。

曖昧な記憶であるが、当時のNYには50店舗位があったので約100人位が競ったと思う。

その中に出品したのは「うなトロ、冷やしラーメン」。

冷たい細麺の上に、

丸ごと一本炙り焼きにした鰻、

山芋とろろ、

ポーチドエッグ、

細切りキューリを飾り、

甘辛いスープをかけた料理を作った

。当時のNYでは鰻の寿司が大人気であったという事もあり、

入社まもない中途雇用社員であったが2位を受賞できた。 

当時の上司?先輩?M氏が直上(旅館の息子というサラブレッド)にいて、

彼と全く馬が合わなく揉めたり落ち込んだりする時期であった。

そのタイミングの企画だったので、

これは自己奮起のチャンスだと躍起になって挑んだとい事は10年以上経過した今でも覚えている。

喧嘩は互いに原因があると思うし、もうその人へ対する感情は無であるが、

この人だけには負けたくないというダークサイドパワーが、

未知の力を生み出し、良い意味で受賞できた事は感謝をしたいと思う。

渡米する前にK君から餞別としてブランドのボールペンを貰い、

この副賞の一つにブランドのボールペンがあったので、

未使用で帰国した際にプレゼントした。

しかし在米中の部屋に飾っていたので、

思いと結果を伝えたが劣化もあり

「これ絶対中古だろ~~」ってツッコマレタ(笑)。

K君とは今でも仲良く酒を酌み交すが、

ボールペン未使用だという事だけは今でも信じてもらえません。

人にプレゼントする物を自分の部屋で飾る事は未使用でなく、

中古品になるのでもう止めようと心に誓いました。

賞 1998年 武蔵野調理師学校 で 受賞

 

ゑの木 金賞 受賞 
ゑの木 金賞 賞状

 

1998年 

学校法人後藤学園 武蔵野調理師専門学校 

料理コンクール 西洋料理部門 金賞受賞 

 

 15歳から飲食業でバイトしていたので、

同級生より料理の腕としては自信を持っていたのですが、

やはり「井の中の蛙」なだけで、

自分より実力が上な優等生や飲食業サラブレッド達を見て、

思っている技術が出来ない自分を隠すつもりか自信喪失してしまい、

ロクに授業も受けずに遊びに逃げだす時期もあった。

授業もサボっていたので単位もギリギリになってしまっていたが、

学校生活後半になりこのままでは何の為に専門学校へ通ったのか分からなく感じてはいたが、

今さらエリートには敵わないと諦めていた。

そんな時期に卒業前の文化祭で6人一組のグループに分かれてのコンクールがあると担任が発表した。

良く遊んでいた悪ガキの友人達と組んで、

当初は「面倒くさいな~、かったるいな~」的なネガティブ発言が出ていたのも事実だったが、

「このまま終わってもこの学生生活なさけなくね~か~」等という友人の発言によって、

何の結果も出せずに卒業するのは嫌だと奮起し、

劣等感を持つ自分たちの戦い方を見出し、やるからに頂点目指そうと、

メンバーが一丸となって本気で頑張った。

失敗や想定外の事なども沢山あったが、

何日間もかけて出来上がった時には審査前であったが、

かけがえのない達成感に満ち溢れていた。

しかしやはり自分達程度では賞などあるはずないないと皆思っていたので、

評価なくてもやりきった事に満足だと言い聞かせていた。

そして審査結果発表の文化祭会場へ向かった。

そこには「金賞」と書いてあった。その上に「最高金賞」があったので一位でなく二位であったが、

悔しさはなく本気で歓喜の涙が溢れ出した。

学校サボってロクでもないことばっかりやったりもしてきたが、

自分たちの様な者でも根性だして一丸となって戦い抜け更には評価も貰えたことは、

どんな人でも諦めずに努力する事ができるんだと感じる機会であった。

(旧姓での受賞であったので、現姓に修正)

テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】 パート1

テレ朝 J 足立区 うどん あだち菜 六町 東京 地産地消 ゑの木 えのき テレビ朝日
テレ朝 J 足立区 うどん あだち菜 六町 東京 地産地消 ゑの木 えのき テレビ朝日
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」で摩訶不思議うどんとして紹介頂きました。

 

NHK 【あまちゃん MAP】

全国あまちゃんMAP

 NHK総合《全国あまちゃんMAP》

  にて【あだち菜うどん】を紹介

https://www.youtube.com/watch?v=hZqbV22P4ws

詳細動画 ↑

 

能年玲奈さん主演で流行語大賞になった「あまちゃん」。

そのスピンオフ番組で全国のご当地アイドルが

ご当地のグルメなどを紹介する番組。

東京のこれから伸びそうなご当地グルメとして

「あだち菜うどん」を紹介して頂けた。

当店にてアイドル「夢みるアドレセンス」の

人たちはとっての可愛く、きゃぴきゃぴに

私は鼻の下を伸ばしっきりで、たじろっていました。

そんな様子が映っているかどうかは不明であるが、

「うどん」も「アイドル」も頑張っているので

応援お願いします。

日本テレビ 【every】 パート3

ニュースevery

2014年 日本テレビ《ニュースevery》にて【あだち菜うどん】が紹介

https://www.youtube.com/watch?v=DigG8zZvnlY

 

野菜が豊富に採れる料理としてあだち菜うどんが登場。

子供も喜ぶ一杯です是非ご堪能下さい。

テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】 パート2

テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】

テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」でうどん天下一決定戦を特集。

その中で「あだち菜うどん」を食べた方の感想!!!!

ゑの木ブログはじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

ゑの木 榎本 憶人

角川 足立区Walker 2015年

足立区Walker

足立区Walkerで

足立の魅力21位に

あだち菜うどん発祥の店

として特集されました

 

東京 至極のレストラン

東京 至極のレストラン

大人の女性誌「東京 至極のレストラン」に掲載頂きました

 

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • LINE
  • 緑提灯
  •