ホーム>コンセプト
コンセプト

コンセプト

【ゑの木】・・・・屋号の由来は二つの意

店主の苗字である「榎本」から1本外し、まだ足りなく未完成なので、追求を奢らない為の戒めと慢心せずに奮起する気持ちを忘れない為。
京都の天然記念物で坂本龍馬とおりょうの縁結びになった大木「榎の木」は「縁(えん)の木」とも呼ばれ愛されていますので、「ゑの木」もそんな人と人の縁を繋ぐ大木になりたいという気持ちでい続ける為。
 
 

店主あいさつ

ゑの木店主
浅草生まれ、銀座、六本木、西麻布などで、フランス料理などの修行を積み、
自信過剰で911のひと月後に渡米。
 
そして当然、大失敗を繰り返した結果、図に乗っていた鼻が音を立ててポキポキと折れました。
渡米後一年経過しても英語は殆ど皆無で、胸に割れたビール瓶を突きつけられたり、
2m以上ある黒人に襟首掴まれたりといった、心臓 バクバクの経験と共にNJからNYへ異動。
その半年後にNYへ来た松井秀喜さんの活躍に感銘し、活動の幅を広げ、翌年ジャマイカへ。
 
ジャマイカのホテルで料理人を続けながら、とても明るく、とても楽しく、とても愉快で、とってもデンジャラスな日々を経験。
首にナイフ突きつけられた事は今でも鮮明な恐怖であったり、寝てる時に隣の家が全焼たり、
冷や汗では済まない様な事も ありましたが、なんとか元気で快適に生活を続けられました。
そして3年間異国で過ごし、ずっと外国人でいようと思っていたが、
戦い切って負けたので、帰国しました。
 
帰国後に飲料メーカーで飲食コンサルタントとして約100店舗をスーパーバイジングするという職人から
一風変わった サラリーマンを経験させて頂きました。
 
 それら経験の中で、41か所の都道府県と、25ヶ国68の地域を歩ける機会があり、色んな人や郷土の料理、多大な失敗を体験でき、 昔からの夢である独立を2011年にしました。 色んな郷土と触れ合えたから、地元東京を見つめなおし東京にも東京の良さがあるのだと初めて感じていたら、幼少時代に過ごした 六町という町にたどり着きました。現在は区画整理という都事業で成長中の場所なので、自分達も成長目指し、色んな方に愛して頂けるお店になれる様に精一杯頑張っていきますので、ご愛好ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。
                                                                                                                     榎本 憶人

                                    ゑの木 オーナーシェフ  兼  あだち菜うどん学会 理事 

                                     調理師   専門調理師(フランス料理)   薬膳アドバイザー

                                                           

 

牛,ステーキ,すきやき,SUKIYAKI,まいうー,和牛,国産,日本産,東京,地産地消,ディナー,六町,足立区,ご馳走,とっておき,誕生日,記念日,サプライズ,演出,極上,肉,一番,うまい,人にススメ,推薦,A5,A4,ここでしか,

沖縄生まれ、足立区育ち。幼少から高校までは野球三昧の日々で、根っからの沖縄人の両親から東京と沖縄の良さを受け継ぎながら、

大人になりました。大学卒業後は飲食の道に進み、和食で基礎を学び、途中イタリア料理に浮気をし、現在ゑの木の板場を仕切っています。

野球に明け暮れた後、自分でバイクを買えてからはいじるも乗るも走るもバイク命になり、危うく本当に命を落としかねない大事故になり、

バイクから卒業(ここでは書けませんので、詳しい話聞きたい方は気軽に声かけて下さい。若干おも~い話です)。

沖縄料理が家庭料理であった事もあり、給食との味が大きく違う事や、野球道具を手入れしたりバイクをいじったりする事と、

料理道具を手入れしたり素材を調理する事に共通点を見つけ、料理人になりました。

現在、四人男児の父となり、カフェでの調理経験もあり子供たちのお祝いにケーキを作ってあげ喜ぶ顔を見るのが、大好物です。

甘い物を作るのが大好きな反面、レモンサワーには目が無く、日々こよなく嗜んでいます(笑)。

そして基礎を習う店の時から、牛肉は食べるのも、作るのも、研究するのも大好きであり、この店で秋川牛という大変魅力ある牛に

一目ぼれをしてしまい、それにこだわった店として毎日闘牛士を兼ねた料理人として、秋川牛と語り合っています。

                                   chef 玉寄翔大

 

ゑの木 卒業後

◆Tomシェフ

ビールと愛娘の虜になった男。気軽に「Tom(トム)」と呼んで下さい。
群馬の老舗飲食店の息子という生まれながらにして飲食に精通してきました。
家が飲食業経営だったので、大学では商経学を学び、アルバイトなどで飲食も経験。
卒業後は日本料理の世界に魅せられ、純粋な和食修行で銀座を中心とした都心部で腕を磨き、
「ふぐ調理師」まで取得。そして新たなステージに挑戦しようと動き、六町にたどり着き、
当店の料理長として板場を取り仕切っています。
雄弁ではありませんが、美味しい料理作る事と楽しいお話しする事が大好きなので、
不器用ながら何事にも一生懸命取り組みますので宜しくお願い致します。

そして2017年から、新たなステージへ挑戦をはじめました。

ゑの木を卒業し、稼業の2代目として腕を振るっています。

もし群馬に来る機会あれば、遊びに来てください。⇒こちらをクリック くぼちゃん

接待,宴会,団体,飲み放題,本格,東京,和牛,地産地消,六町,うまい,コース,野菜,安い,お得,感動,TV,テレビに出た,石ちゃん,吉高由里子,火曜サプライズ,ペコジャニ,関ジャニ,Toshi,
 
コース,宴会,パーティ,創作,斬新,魅力,美味しい,喜ばれる,嬉しい,楽しい,癒される,絶品,うまい,独自,東京,名物,すき焼き,和牛,牛,ステーキ,

 

 

◆ラーメン職人 Ohta

店主の実弟でゑの木を共に切り盛りしながら、ラーメン王決定戦の決勝まで上り詰めたが、
一歩力及ばずで優勝を逃してしまいまhしたが、ゑの木平日限定でハラル対応のラーメンを提供。
お客様にも喜ばれ、評判は上々、そこで新たな場所から声がかかったのがUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ。
まだ中東で本格的なラーメン店はなく、当初は現地の日本料理店でラーメンを提供し、食材や現地の方への
反応などを見てきました。
 
2017年に中東初の本格ラーメン店(ハラル対応)をオープン。中々ドバイまで行く方少ないかもしれないですが、

ドバイは日本人が想像する以上に、けた違いの高額でないですし(一部にはあります)、治安も安全で、近代化と情緒が

入り混じったとても楽しい場所です。是非遊びに来る際は、ラーメン一杯召し上がって下さい。

ドバイ経済新聞

2018年からマレーシアのクアラルンプールに移住し、ブギビンタンにある伊勢丹の中にKAGURAYAを開店。

コース,宴会,パーティ,創作,斬新,魅力,美味しい,喜ばれる,嬉しい,楽しい,癒される,絶品,うまい,独自,東京,名物,すき焼き,和牛,牛,ステーキ,            牛,ステーキ,すきやき,SUKIYAKI,まいうー,和牛,国産,日本産,東京,地産地消,ディナー,六町,足立区,ご馳走,とっておき,誕生日,記念日,サプライズ,演出,極上,肉,一番,うまい,人にススメ,推薦,A5,A4,ここでしか,

 

 

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • 緑提灯