ホーム>コンセプト>ゑの木の雰囲気
ゑの木の雰囲気

ゑの木の雰囲気

ゑの木の雰囲気

3大コンセプトを基に、和と洋を融合させる事の表現に選んだテーマは 「大正浪漫」。当時のものや故意的に古くみせかけ等をしたりするのではなく、平成の現代技法で当時の感性を表しています。
代々棟梁の家系であった店主の祖父が生前大切に保管していた欄間や雪見障子、灯篭などを受け継ぎ、洋館のテイストの中に織り交ぜました。
趣ある落ち着いた雰囲気になりましたので、是非御寛ぎ下さい。

 

店内

洋室

洋室

無垢の木材と赤をアクセントに仕上げています。欄間や雪見障子から見える灯篭などもお楽しみください。天井の紋と光のコラボレーションは店主自身大好きです。

テーブル20席(最大24名様まで入れます)

カウンター

カウンター

樹齢400年で天然無垢の榎カウンター。大団扇や切子照明、そして目の前で作る料理やお酒などを見ながらのご飲食も楽しいです。

カウンター11席

特別個室

特別個室

漆喰の壁に赤い棚など、他の部屋とは一風変わった雰囲気を楽しめます。冬場は暖炉式の暖房も一興です。2015年末から新たに開設した部屋になります。
(※都合により、竹コースを除くコース料理のみの対応とさせて頂きます。)

特別個室 1部屋(6~11名様までのコース対応)

 

職人の心遣い

原田氏

【匠のデザイナー】原田正史先生

「劇的‼ビフォーアフター」で活躍された匠の建築家。店主と以前から交友があり、たっての希望に時間を割いて頂き、ゑの木及びHackberryの細部に至るまでの全デザインを実現。「優しい空間のパティシエ」との異名も。

立野氏

【新鋭の木工作家】立野純平氏

2011クラフトコンペティション奨励賞受賞者で店主の従弟。 木は一期一会である様に中々ない榎の木であったが、彼の師匠が10年前に惚れ込み、充分に乾燥と熟成をさせた樹齢400年の一枚木があり、それを彼が加工し本漆で仕上げ魂籠った特製カウンターになりました。

田中志壽

【伝統文字の後継者】田中志壽先生

歌舞伎勘亭流、中村座などの歌舞伎で大活躍されている書家。「ゑの木」の看板文字を書いて頂きました。ロゴなどにも活用しています。
半纏

半纏

「大直」明治生まれの曽祖父である直吉は宮大工の棟梁「大政」大正生まれの祖父である政吉は家大工の棟梁「雅」昭和生まれの店主榎本が愛用したお祭り用遊び半纏 ※先代達ににらみを効かせてもらって、気を引き締めています。
女子トイレ

喫煙所と厠、本棚

喫煙者は入口左にある煙草部屋をご利用下さい。トイレは、男性用「手すり付き」になので足の不自由な方は、女性用は「オムツ交換台」もあるので、必要な方は男女問わずご利用下さい。本棚にはゑの木掲載記事やお子様用のおもちゃもありますので、ご利用下さい。

山本慶大

【100年を受け継ぎし四代目】山本慶大氏

店主の友人で老舗松根屋の四代目。その彼が祝いにと開店の時に作ってくれた力作の大団扇です。シンプルだからこその良さを演出してくれています。

インドアビュー

場所貸しなど

店内写真

映画やテレビ、雑誌などの撮影にご利用可能です。
お電話にてお問い合わせください。

  • hack berry
  • ゑの木オンラインショップ
  • あだち菜うどん
  • FACEBOOK
  • LINE
  • らーめんグランプリ
  • 緑提灯
  • cena